美容整形で生まれ変わるまで【美しくなるまでの道のり】

見本となるモニター

診察

クリニック選びの参考

外見コンプレックスを抱えているなら、東京で美容整形を受けるのも一つの手です。美容整形の中には、顔のパーツや体型そのものを変えるものがあり、自分のコンプレックスがあっという間に自信へと変わるでしょう。日本人にある美容外科で、最も人気のある施術には二重形成術があります。アメリカやヨーロッパの人と比べて、日本人はのっぺりと平たい顔なのが特徴。その多くが一重で、ぱっちり二重に憧れる人の数は少なくありません。どんな一重でも、東京で受けられる美容整形に掛かればドーリーアイに変身することも可能です。
しかし、気になるのが予算です。二重形成術は切開法と埋没法の2種類ありますが、それらは両目で10万円は超える施術です。一括で支払うことが難しければ、もちろん医療ローンを利用することもできますが、それでも負担が大きいときにはモニターを利用してみましょう。
モニターは低価格で施術を受けられる代わりに、美容外科の公式ホームページにて症例写真の掲載を許可するものになります。同じ東京にあっても、美容外科によって症例写真に黒の目線を入れるなど対応が異なるでしょう。その旨はあらかじめ確認しておくことです。モニター価格は通常よりも3分の2程度安い金額で、財布にも優しく美しく生まれ変われます。そのメリットは大きく、写真掲載という交換条件にためらうことなく率先してモニターになる女性は多いものです。
そして、症例写真を参考に美容外科を選ぶ人は多いので、モニターの存在は美容外科にとってもありがたいと言えます。選ぶ側からすると、担当する医師選びも重要なところになるので、担当医師の掲載もなくしてはならないところです。施術の仕上がりがとても綺麗で丁寧な医師は、美容外科でも指名が絶えなく、常に施術の予約で埋まっているでしょう。どうしても名医に依頼するときにはスケジュールに余裕をもっておくことです。

選べる支払い方法

東京で美容整形を受けたときに、当然のことながらその費用を支払います。基本的には厳禁一括払いとなりますが、脂肪吸引や豊胸など、一度の施術で数十万円にものぼるものを一括払いするのは難しいです。その為、美容外科のほとんどがクレジットカード決済の他に医療ローンでの分割払いを可能としています。クレジットカード決済だと、カードのポイントも同時に貯められるので一石二鳥とも言えます。
医療ローンに申し込むときには、契約当日に本人の身分証明証と印鑑、そして引き落とし口座の通帳が必要です。当日は忘れずに美容外科へ向かいましょう。書類不足になると、契約申込が遅れて、施術を受けるタイミングもずれ込んでしまいます。未成年の場合は、親の承諾書が必須なので施術の旨を伝えなくてはいけません。
費用の支払いに悩んだら、まずは医師と相談してみることです。東京にある美容外科では、美容整形に掛ける費用を抑える為、同じような仕上がりになれる施術で、比較的安い方を推奨するところもあります。