美容整形で生まれ変わるまで【美しくなるまでの道のり】

美容整形初心者の疑問

ドクター

ダウンタイムとは

美容整形どころか、手術すら受けたことがないという人にとって、やはり未知の世界となる美容整形。今では「プチ整形」という呼び名で人気になっている二重形成術も、正真正銘れっきとした手術になるので、ものの数十分で終わるもののメスを用いる切開法もあります。切開法は糸で留めるだけの埋没法とは違い、直接まぶたを理想の二重ラインにそって切除し、溶ける糸で縫合していきます。糸で縫合した跡は、術後1~2ヶ月は赤みと腫れが目立つもので、美容整形を受けたことが明らかになるでしょう。手術を受けた当日は、まるでものもらいになったようにまぶたが膨れ上がります。それは糸で留めるだけの埋没法も同じで、切開法よりも落ち着いているものの、赤みと腫れからは逃れられません。
東京で美容整形を受けるときにはこうしたダウンタイムのこともしっかり知っておくことが大事です。ときに痛みを伴うこともあるので、その際には美容外科から痛み止めを処方してもらえます。美容整形の施術を受けたことを知られたくないというときには、二重形成術の場合、片目ずつ手術を受けることも可能です。仕事やプライベートの都合上、その必要があれば医師に相談してみましょう。

丁寧なケア

赤みや腫れが生じるものの、それが悪い状態ということではありません。むしろダウンタイムは回復期間と言えます。東京で美容整形を受けた後は医師の指示に従い、安静に過ごすことが第一になります。美容整形後に生じる腫れは、手術によるもので時間の経過と共に少しずつ落ち着いていきます。経過観察する為、時折美容外科へ足を運ぶこともあるので、痛みが続いたり腫れが落ち着かなかったりしたら医師にすぐさま伝えることが重要です。また、東京の中でも自宅から通いやすいところを選ぶとすぐに足を運びやすいです。
脂肪吸引後のダウンタイム中には、脂肪を取り除いた箇所が安定するまで圧着下着の着用を絶対に忘れてはいけません。その箇所には内出血の症状が現れ、見るのも痛々しいほどに青紫色に染まりますが、二重形成術の腫れ同様じきに落ち着いてきます。東京の美容外科を利用するときには名医を見つけつつも、こうしたダウンタイムの情報を集めておくことが大切です。術後、安静に過ごす為には仕事の都合もつけておくと安心です。